December 18, 2020

NoCodeが商店街活性化に与えるインパクト - Tech.st株式会社

Tech.st株式会社の村松です。
本日は、前回の記事「今話題のNoCodeとは」というテーマに続き、
NoCodeが商店街活性化にどのようなプラスの影響を与えるのか、その点についてお伝えしたいと思います。

まず、現在の商店街の課題は先日の記事でお伝えさせていただきましたが、IT化の遅れがあります。
商店街はかつて、人通りの多い通りに店が集まり、それが商店街として発展していった経緯があります。
そのため、元々周辺住民しかターゲットにしていないので、IT化は必要ないという意見もあると思います。

しかし、スマートフォンが普及し、いつどこでもなんでも買える時代であれば、
商店街もターゲットを変え、広範囲かつオンライン上にもターゲットを設けることで新しい時代に即した商店街活性化を目指せます。

時代の変化に合わせて商店街のカタチも変えることができればと考えています。

そこで、NoCodeによる商店街活性化を推奨しています。

理由としては3点。

① 費用を安く抑えられる

② 最短数日〜数週間で構築可能で効果測定が容易にできる

③ その商店街に合わせた柔軟な構築が可能

1. 費用を安く抑えられる

通常、ホームページやオンラインショップ、アプリ構築には高額な費用がかかります。
なぜ高額な費用がかかるかというと、専門性の高いプログラミング言語を扱える人材が作るからです。

多額の費用がかかるとなると、「こんなサービスを作ってみたい」と思ったとしても、
費用がネックとなって実際に作ろうとはなりません。

しかし、そのプログラミング言語を用いなくても作れるのがNoCodeです。

プログラミング言語ではなく、直感的・視覚的に操作するので、
Web関係の知識がある人材であれば難なく作ることができます。


2. 最短数日〜数週間で構築可能で効果測定が容易にできる

NoCodeはWebの知識を持ち、ツールの使い方を学べば誰でも使いこなすことができます。
また、パソコンの画面上で視覚的に操作することができるので、今あるアイデア・デザインをカタチにしやすいものです。

プログラミング言語の専門知識がなくても使い方に慣れれば作れ、最短数日でアプリを構築することもできます。
このコロナ禍で数日〜数週間で作ったアプリなどもサービス公開されているため、NoCodeの可能性は非常に高いです。

3. その商店街に合わせた柔軟な構築が可能

商店街には、どの業種・サービスが多いのか、どのような世代が多いのか、観光・日常利用なのか、
など、様々な種類・形態があります。

その中で、商店街の特徴やどの世代をターゲットにサービスを作るか、
NoCodeでスピード感持って実行することができます。

飲食店が多い場合は飲食テイクアウト、店内予約サービスであったり、
物販が多い場合はオンラインショップを構築したりなど、
幅広いサービスを作れるのが特徴です。

コロナ禍であっても売上を伸ばす手法は多くあるので、その一助としてNoCodeは活躍すると考えています。

------------------------------------------------------------------------------

地方創生×NoCodeで商店街活性化を行うTech.st株式会社
何かお困りなことがありましたらお気軽にご相談ください!
さまざまな視点から商店街活性化につながる最適な提案をさせていただきます!

お問い合わせはこちらをクリック!

------------------------------------------------------------------------------

Latest Posts