December 16, 2020

今話題のNoCodeとは - Tech.st株式会社

Tech.st株式会社の村松です。
本日は、当社が活用する今話題のNoCodeについて特集したいと思います。

この、「NoCode」を活用するメリットは非常に多く、IT化を目指す商店街では必ず必要になると考えています。
そのヒントとなる内容になれば幸いです。

「NoCode」とは何か?

NoCodeとは、ソースコードを書くことなく、ホームページやアプリ開発することができるサービスのことです。

一般的にホームページやアプリ開発をする際には、
HTMLやCSSといったようなプログラミング言語を使ってソースコードを記述し、
「どこに」「なにを」「どのように」表示させるかを指定していくのです。

しかし、NoCodeではその専門のプログラミング言語を知らずともホームページやアプリを開発することができます。
ホームページやアプリを視覚的に制作することができるため、ユーザーの使いやすさやデザイン性を持たせて、実際にサービスを公開しています。

NoCodeを活用するメリットは下記が挙げられます。

  • プログラミング言語を必要としないため、開発スピードが非常に早い(最短数日〜数週間でサービス公開可能)
  • 通常の開発依頼より低コストで実装可能
  • 視覚的・感覚的に進められるのでアイデアをカタチにしやすい

NoCodeのデメリットとしては下記が挙げられます。

  • 現段階では機能で制限される場合がある
  • デザイン・機能性・操作性を考えて構築する必要がある
  • 海外のサービスが多いので英語を必要とする

コロナ禍では、各お店の対応にスピード感を求められています。
お客さんと密にならずに購入していただくためには、オンラインショップを整備したり、予約サイトを準備したりなど、早急の対応が必要です。

さらに、コロナ禍で売り上げが立たず、経営が難しい状況の場合もあると思います。
そのような場合にNoCodeを活用して困難な状況打開をしましょう!

地方だからこそできることがある、それをNoCodeを活用して実現することを目指しています。

------------------------------------------------------------------------------

地方創生×NoCodeで商店街活性化を行うTech.st株式会社
何かお困りなことがありましたらお気軽にご相談ください!
さまざまな視点から商店街活性化につながる最適な提案をさせていただきます!

お問い合わせはこちらをクリック!

------------------------------------------------------------------------------

Latest Posts